恐ろしいがんも大丈夫!早めの治療で大腸がんを治す

卵巣の病気

doctor

卵巣がんは初期症状がないため、発見が遅れる場合が多いのです。腹部の膨張感、骨盤の痛み、排尿障害、便秘、月経異常などがあらわれた場合は卵巣がんの可能性もあるので注意が必要です。バランスの良い食事や適度な運動により予防することができるのです。

» 詳細

お酒と煙草が原因のがん

healthy women

咽頭がんは喉の奥にできるがんで、お酒や煙草をたくさん好む人に多い病気です。初期症状が出ないという特徴があり、普段から気をつける必要があります。食べ物が飲み込みにくくなったり、喉に圧迫感を感じたりした時は要注意です。初期に発見された時にはメスを使わないでレーザー治療や凍結療法が行われます。

» 詳細

がんの検診

hospital

がん検査準備

多くの日本人はがんが原因で死亡しています。そのがんが大腸に発症した場合、大腸がんと呼ばれます。大腸がん検査は内視鏡による検査で、検査前日の夜から食事を摂ることが出来ません。そして検査当日は更に下剤を飲まされ腸内をきれいにします。この時飲む下剤は約2リットルもの量で、下剤の味はスポーツドリンクを更に甘くしたようなになっていることが一般的です。人によっては飲みにくいと感じる為、2リットルもの下剤を飲むのに約1時間も掛かることがあります。

内視鏡検査

下剤を飲んだ後は医師に呼ばれ検査台の上に横になります。そして内視鏡を肛門部分から大腸、小腸と入れていくのです。大腸がん検査は担当医の先生と一緒にモニターを見ながら行われます。大腸がん検査は時間にして約15程度で、痛みはほとんどありません。排便時の出血によって、大腸がんを心配して検査を受ける人もいますが、中には、痔だったという人もいます。大腸がんにしろ、痔にしろ早期発見早期治療が最適なので検査はしておいたほうがよいでしょう。医療機関で大腸がんの検査を受ける場合には、前もって予約をしておく必要があります。また、予約の時間を守らなかった場合、検査を受けることが出来ないこともあるので注意しましょう。そして、検査日当日は着替えやすい服装をしていくことも重要です。また、ピアスやネックレスなどの装飾品はつけないようにしましょう。また、万が一、大腸がんと診断された場合には、細かな検査もしていく事になります。エコーやMRIを受けることもあるということは把握しておきましょう。

大腸がんであることが発覚した場合には、実際に治療を受けなければなりません。しかし、大腸がんであると宣告をされてしまってからの精神状態は非常に不安定なものになるでしょう。治療には大きな負担が掛かります。肉体的にも、精神的にも辛い状態を少しでも緩和させるために最近注目されているのが代替治療です。免疫の活性化を目的にしている代替治療は患者にとってストレスが少なく、抗癌剤などの負担を大きく減らす効果があるのです。

がんの治療法は状況を加味

nurse

がんで恐ろしいのは転移です。リンパ液や血液の流れに乗って体をめぐり全くほかの臓器にがん細胞が成長していくことです。手術することによって再発を早める可能性もありますので、大腸がんなど転移の可能性が高いがんは経過を見守ることも大事です。

» 詳細

Copyright© 2016 恐ろしいがんも大丈夫!早めの治療で大腸がんを治す All Rights Reserved.