恐ろしいがんも大丈夫!早めの治療で大腸がんを治す

がんの治療法は状況を加味

nurse

最も厄介なのが再発

がんと一口に言ってもその種類はたくさんあります。大きな区分けとして転移するがんとしないものに区別されます。厄介なのは転移をするがんです。大腸がんは比較的転移しやすいがんが多いといわれており、手術で大腸がんを治療しても転移によって再発する可能性が高くなります。転移とは、がん細胞がリンパ液や血液の流れに運ばれて全身へ行き渡り、別の臓器で成長したものをいいます。がんが見つかった際には手術で腫瘍を取り除く治療が行われますが、その時にはすでに転移されているケースが多く、数か月後に再発という形によって見つかることも少なくありません。リンパ液や血液によって運ばれるため再発が発生する場所が特定できないことも治療を難しくしています。

手術しない選択肢もあり

大腸がんをはじめとしてがんの切除手術が転移を早めるという説もあります。がん細胞はリンパ液や血液に乗って全身をめぐります。転移する可能性があれば、すでに全身の血液にがん細胞が混じっていることになります。手術は臓器をはじめとして体の細胞を傷つけます。その際に全く関係ない臓器にがん細胞を送り込んでしまう可能性もあるのです。そのため再発へのスピードが手術を行わない時よりも加速度的に速くなることもあるのです。大腸がんはがんの中でも転移する可能性の高いがんと言えます。真っ先に手術することも治療方法なのですが、転移することを考え、通常通りに生活できる範囲内では手術をあえて行わずに経過を見守ることも一つの治療法と言えます。

Copyright© 2016 恐ろしいがんも大丈夫!早めの治療で大腸がんを治す All Rights Reserved.