恐ろしいがんも大丈夫!早めの治療で大腸がんを治す

お酒と煙草が原因のがん

healthy women

初期はメスを使わない治療

咽頭がんというのは喉の奥にできるがんのことで、上咽頭、中咽頭、下咽頭に分かれます。それぞれの部位にできるがんをまとめて咽頭がんと呼ぶのです。主な原因は飲酒と喫煙で、お酒をたくさん飲んだり煙草を多く吸う人に多い病気です。咽頭がんの特徴は初期症状がほとんど出ない場合が多いことです。そのため喉に痛みが出たり、何らかの症状が現れた時にはかなり進行している可能性があります。症状としては食べ物が飲み込みにくくなったり、喉がしびれるように痛くなります。また首に圧迫感があり、声が枯れたりします。咽頭がんは放射線療法と化学療法が効きやすいという性質があるので、この2つの両方がメインになります。ただし初期に発見された場合はレーザー療法や凍結療法が行われます。これらの治療法はメスを使わないので、これからは喉の機能を残す治療が積極的に行われていきます。

喉に刺激を与えない生活

咽頭がんを予防するには日頃から色々と工夫して生活する必要があります。まず実践することは、お酒は1日2合以下にして煙草をやめることです。お酒は百薬の長という側面もあるので量を減らせばいいのですが、煙草は禁煙以外に方法はないのです。色々な禁煙グッズがあるので、それを利用するのも1つの方法です。一番効果的なのは病院の禁煙外来を受診することです。治療として行われるので、禁煙効果は高くなります。また熱すぎる食べ物は冷ましてから食べる工夫も必要です。熱い物は喉を刺激するので避けるべきです。喉に刺激を与えるという意味では、大声を出したり、声を酷使するのも避けた方がいいのです。特に50歳を過ぎたら控えるべきです。このように日常生活で喉に刺激を与えないように常に工夫し、注意することで咽頭がんを予防することができます。

Copyright© 2016 恐ろしいがんも大丈夫!早めの治療で大腸がんを治す All Rights Reserved.