恐ろしいがんも大丈夫!早めの治療で大腸がんを治す

卵巣の病気

doctor

初期症状がない病気

卵巣は女性ホルモンを分泌させる大切な臓器なのです。その部分に腫瘍ができることを卵巣がんというのです。体の奥にあるので症状が出にくいのが特徴と言えるでしょう。症状があらわれた時点で、すでに病気が進行していることが多いのです。卵巣がんはどの年代の女性にも発症する可能性がありますが、40代〜50代では最も多く発症することが分かっているのです。他の組織に転移せずにゆっくり成長する場合は良性、他の組織への転移が見られ著しく成長する場合は悪性と判断されるのです。卵巣のう腫は良性ですが、不妊の原因にもなるので治療が必要です。卵巣がんを予防するためには、食事や運動などの生活習慣を改善させることが大切です。適度な運動ではウォーキングやジョギングなどが人気となっているのです。

婦人科検診が大切

野菜を多く摂ったバランスの良い食生活を心がけるといいでしょう。お腹いっぱいになるまで食べず、腹八分目で押さえておくのも予防の一つです。十分な睡眠をとり、ストレスをためない生活を送るといいでしょう。低用量のピルを使用して、卵巣にかかる排卵の負担を減らすことで予防することができるのです。初潮年齢の早かった人、妊娠出産経験のない人は長期に渡り排卵を行っているのでピルを活用してみるのもいいでしょう。卵巣がんの症状である腹部の膨張感、腹部や骨盤の痛み、排尿障害、便秘、月経異常、貧血、体重減少などが見られた場合はすぐに病院で診てもらうようにしましょう。1年に1回は婦人科検診を行い、異常がないか確認してもらうことが大切です。

Copyright© 2016 恐ろしいがんも大丈夫!早めの治療で大腸がんを治す All Rights Reserved.